コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷 光演 オオタニ コウエン

20世紀日本人名事典の解説

大谷 光演
オオタニ コウエン

明治〜昭和期の僧侶,俳人 真宗大谷派(東本願寺)第23世法主;伯爵。



生年
明治8年2月27日(1875年)

没年
昭和18(1943)年2月6日

出生地
京都府京都市

別名
法号=彰如,俳名=大谷 句仏(オオタニ クブツ),雅号=春坡,蕪孫,愚峰

経歴
真宗大谷派第22世法主光瑩(現如)の二男。10歳で得度。明治33年まで東京で南条文雄村上専精井上円了らについて修学。同年5月仏骨奉迎正使として暹羅(タイ)訪問。34年6月真宗大谷派副管長、41年11月第23世法主を継ぎ、管長となった。44年宗祖650回遠忌を修したが、朝鮮で鉱山事業に失敗、昭和2年管長を退いた。大正12年伯爵。書画、俳句をよくし、明治31年「ホトトギス」により高浜虚子河東碧梧桐に選評を乞うた。大正3年以降は雑誌「懸葵」を主宰。句集「夢の跡」「我は我」「句仏句集」などがある。書は杉山三郎に師事、絵画は幸野棋嶺、竹内栖鳳に学んだ。画集「余事画冊」がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone