コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷 光瑞 オオタニ コウズイ

20世紀日本人名事典の解説

大谷 光瑞
オオタニ コウズイ

明治〜昭和期の仏教家,僧侶,探検家 真宗本願寺派(西本願寺)第22世法主。



生年
明治9年12月27日(1876年)

没年
昭和23(1948)年10月5日

出生地
京都府京都市西本願寺

別名
幼名=峻麿,法号=鏡如

学歴〔年〕
学習院本科中退,共立学校中退

経歴
真宗本願寺派(西本願寺)第21世法主・光尊(明如)の長男。幼少時より「略書」「孝経」などを学び、8歳で山科別院の学問所へ。明治18年得度して鏡如光瑞を名乗る。31年貞明皇后の姉九条籌子(かずこ)と結婚。32年側近の猛反対を押し切ってイギリス留学、世界に目を開く。35年西本願寺留学生を率いて西域・インド探検隊(大谷探検隊)を編成、ロシアトルキスタンに入り、インドで仏跡を調査。翌年父明如上人の死により帰国、38年第22世法主を継ぎ、管長を兼任。2年後再び探検隊を派遣、43年3度目の探検隊を送り敦煌周辺を調査した。これらの成果は「西域考古図譜」「新西遊記」(昭12年)にまとめられている。一方、法主としては六甲山麓に別邸二楽荘を建て、武庫仏教中学を設立、教団の近代化を進めた。しかし負債と本山の疑獄事件のため大正2年本願寺住職、管長職を辞任。以後、中国、南洋などで農園経営、8年光寿会を結成、機関誌「大乗」を発行、サンスクリット仏典の蒐集研究や著作に従事。戦争中は近衛内閣の参議などを務めた。大連で終戦を迎え、22年帰国、公職追放となる。著書に「大谷光瑞全集」(全13巻)「大谷光瑞興亜計画」(全10巻)などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大谷 光瑞の関連情報