コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷 光瑩 オオタニ コウエイ

20世紀日本人名事典の解説

大谷 光瑩
オオタニ コウエイ

明治期の僧侶 真宗大谷派(東本願寺)第22世法主;伯爵。



生年
嘉永5年7月27日(1852年)

没年
大正12(1923)年2月8日

出生地
京都

別名
幼名=光養丸,法号=現如,雅号=愚邱

経歴
万延元年(1860年)得度。明治3年北海道に渡り、開拓・開教事業を推進した。5年欧州を視察、教団近代化の見分をひろめる。22年真宗大谷派(東本願寺)第22世法主となり、28年本堂、大師堂の再建事業を成し遂げた。29年伯爵。41年法主を子の光演に譲り、引退した。大僧正

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

大谷 光瑩 (おおたに こうえい)

生年月日:1852年7月27日
明治時代の僧侶。真宗大谷派東本願寺法主;二十二代
1923年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

大谷 光瑩の関連キーワード石川 舜台大谷 光演大谷 瑩潤松本白華大谷瑩潤生年月日大谷光演石川舜台現如上人篠原順明

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android