コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷 光瑩 オオタニ コウエイ

20世紀日本人名事典の解説

大谷 光瑩
オオタニ コウエイ

明治期の僧侶 真宗大谷派(東本願寺)第22世法主;伯爵。



生年
嘉永5年7月27日(1852年)

没年
大正12(1923)年2月8日

出生地
京都

別名
幼名=光養丸,法号=現如,雅号=愚邱

経歴
万延元年(1860年)得度。明治3年北海道に渡り、開拓・開教事業を推進した。5年欧州を視察、教団近代化の見分をひろめる。22年真宗大谷派(東本願寺)第22世法主となり、28年本堂、大師堂の再建事業を成し遂げた。29年伯爵。41年法主を子の光演に譲り、引退した。大僧正

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone