大道廃れて仁義有り(読み)だいどうすたれてじんぎあり

精選版 日本国語大辞典「大道廃れて仁義有り」の解説

だいどう【大道】 廃(すた)れて仁義(じんぎ)=有(あ)り[=行(おこ)なわる]

(「老子‐一八」に「大道廃、有仁義、慧智出、有大偽、六親不和、有孝慈、国家昏乱、有忠臣」とあることばから) 大道が自然に行なわれていた太古は、特に仁義を説く必要はなかったが、後世道徳がすたれてきて、仁義が必要になり提唱されるに至った。仁義が必要なのは、大道が失われたからであるとの語。〔譬喩尽(1786)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典「大道廃れて仁義有り」の解説

大道廃れて仁義有り

人がふみおこなうべき正しい道が自然に行われていた太古は、特に仁義を説く必要はなかったが、後世道徳がすたれてきて、仁義が必要になり提唱されるに至った。仁義が必要なのは、大道が失われたからであるということ。

[解説] 「老子―一八」にあることば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android