大都市近郊区間内特例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大都市近郊区間内特例

目的地までの経路が複数ある東京、大阪、福岡、新潟の大都市近郊区間内で、普通乗車券や回数券で乗車する場合、実際に乗車する経路にかかわらず、最も安くなる経路の運賃で乗車できる。ただし、経路の重複や途中下車はできない。当日中に目的地に着けなかったり、途中下車したりした場合は、乗った駅までの運賃の差額を支払わなければならない。

(2006-09-28 朝日新聞 朝刊 茨城全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android