大関増美

美術人名辞典の解説

大関増美

幕末の水戸藩士。水戸藩士黒沢勝正の三男、黒沢忠三郎の弟。叔父大関増賀の養子となり家督を嗣ぐ。字は子質、通称は和七郎。桜田門外の変で大老井伊直弼を襲撃、事件後熊本藩邸に自訴し、翌文久元年(1861)歿、26才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android