コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪の製鏡業

1件 の用語解説(大阪の製鏡業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大阪の製鏡業

昭和40年代に刊行された業界史によると、江戸時代の1755年、大阪・堺港に鏡の製法が伝わったのがきっかけで盛んになった。高度成長時まで、大阪市南東部には100軒以上の鏡業者が集中し、小物鏡では国内生産の9割を占めるといわれた。板ガラス銀めっきを施す銀引き鏡では、小物鏡のほか、洗面台の鏡など建築用がある。自動車ミラーなどには、銀より光の反射率が低く像の鮮明さでは及ばないアルミ鏡が使われる。

(2006-11-18 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大阪の製鏡業の関連キーワードルカによる福音書御化け暦春日版古版本旬報別冊小咄本増刊号R&B根来治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone