コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪市の放課後事業

1件 の用語解説(大阪市の放課後事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大阪市の放課後事業

子どもの家」(28カ所、無料)のほか、共働き家庭の小学校低学年の子を午後7時まで預かる民間の「学童保育所」(105カ所、月2万円)と、空き教室で午後6時まで児童を預かる市営の「児童いきいき放課後事業」(298カ所、無料)がある。財政難の市は「学童保育」と「子どもの家」はいずれも留守家庭の児童が通っており事業が重複するとして、学童保育に一本化し、「子どもの家」への補助金を半減する方針。貧困や障害などの問題には生活保護や障害児のデイケア利用など、既存の医療・福祉制度で対応する、としている。

(2012-05-17 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大阪市の放課後事業の関連キーワードこどもの日国際子どもの本の日子ども読書の日世界の子どもの日子ども保険放課後子どもプラン留守家庭子ども会子どもの医療費無料化国連子どもの権利条約子どもシェルター

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone