大阪府南河内郡太子町(読み)たいしちょう

日本の地名がわかる事典の解説

〔大阪府〕太子〈町〉(たいしちょう)


大阪府南東部、奈良県境にある二上(じょう)山西麓の町。南河内(みなみかわち)郡
古代は難波と飛鳥を結ぶ竹内(たけのうち)街道沿いの要地。ミカン・ブドウの果樹やナスの栽培が盛ん。聖徳太子墓、推古(すいこ)天皇陵、いずれも国指定史跡の一須賀(いちすか)古墳群・二子塚古墳など、多くの古墳がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android