大阪府南河内郡太子町(読み)たいしちょう

日本の地名がわかる事典の解説

〔大阪府〕太子〈町〉(たいしちょう)


大阪府南東部、奈良県境にある二上(じょう)山西麓の町。南河内(みなみかわち)郡
古代は難波と飛鳥を結ぶ竹内(たけのうち)街道沿いの要地。ミカン・ブドウの果樹やナスの栽培が盛ん。聖徳太子墓、推古(すいこ)天皇陵、いずれも国指定史跡の一須賀(いちすか)古墳群・二子塚古墳など、多くの古墳がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android