コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪府堺市 さかい〈し〉

1件 の用語解説(大阪府堺市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔大阪府〕堺〈市〉(さかい〈し〉)


大阪府中部、大和川を境に大阪市の南に接し、大阪湾に臨む市。
1996年(平成8)4月より中核市。2005年2月、南河内郡の美原町と合併。2006年4月より、政令指定都市に昇格して、堺区、中区、東区、西区、南区、北区、美原区の7区による区政開始。南北朝時代から瀬戸内海航路の港町。応仁の乱の後、兵庫港に代わる日明(にちみん)貿易の中心港・物資集散地として発展。裕福な堺商人による自治都市が形成され、町人文化も発達した。近世初頭、織田信長の直轄領となり自治機能を喪失。その後糸割符(いとわっぷ)の特権を有するなど江戸初期まで命脈を保つが、鎖国後は次第に衰退。産業では、鉄砲鍛冶・刀剣・緞通(だんつう)の技術を継承した自転車・包丁・家庭用敷物の製造が盛ん。第二次世界大戦後、臨海埋め立て地に堺・泉北(せんぼく)コンビナートを形成、石油化学・鉄鋼・機械などの工場が集中。大阪市の衛星都市的性格も強く、1960年代には日本でも最大規模のニュータウン、泉北ニュータウンが建設された。中百舌鳥駅周辺と臨海部の大型工場跡地では、再開発が進む。大阪府立大学、プール学院大学がある。日本最大の前方後円墳の大仙(山)古墳(仁徳陵古墳)など多数の墳墓が点在し、百舌鳥(もず)古墳群を形成。行基(ぎょうき)ゆかりの家原寺(えばらでら)、武野紹鴎(たけのじょうおう)や千利休(せんのりきゅう)一門の供養塔がある南宗寺、桜井神社や大鳥(おおとり)神社など、古寺社が多い。
北区
堺区
中区
西区
東区
南区
美原区

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大阪府堺市の関連情報