大阪府河内長野市(読み)かわちながの〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔大阪府〕河内長野〈市〉(かわちながの〈し〉)


大阪府南東部、和泉山脈北麓の石川上流域を占める市。
大阪市の通勤圏で、同市のベッドタウンになっている。中世以降、高野街道の宿場町として発展。鉄鋼・機械・金属・清酒醸造などの工場がある。つまようじの主産地として知られ、花卉(かき)・果樹栽培も盛ん。後村上天皇陵や楠木正成(くすのきまさしげ)ゆかりの観心(かんしん)寺(金堂は国宝、境内は国の史跡に指定)などがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大阪府河内長野市の関連情報