大阪府羽曳野市(読み)はびきの〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔大阪府〕羽曳野〈市〉(はびきの〈し〉)


大阪府南東部の市。
羽曳野丘陵北部に位置する。ブドウ・イチジクの果樹栽培が盛ん。電機・金属などの工場がある。国指定史跡の古市古墳群の中心を占め、応神(おうじん)天皇陵とされる古代遺跡などが数多く点在。誉田八幡(こんだはちまん)宮(国宝の塵地螺鈿(ちりじらでん)金銅装神輿、金銅透彫鞍金具などを所蔵)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大阪府羽曳野市の関連情報