コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪湾広域臨海環境整備センター(大阪湾フェニックスセンター)

1件 の用語解説(大阪湾広域臨海環境整備センター(大阪湾フェニックスセンター)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大阪湾広域臨海環境整備センター(大阪湾フェニックスセンター)

1982年、大阪、京都など6府県168市町村(現在)と港湾管理者4団体が出資して設立した法人。搬入基地9カ所と、埋め立て処分場=が大阪湾沖に4カ所ある。職員約130人の約半数が自治体からの出向。管理委員会委員長は橋下徹大阪府知事。人件費など管理運営費はすべて業者からの処分料金で賄い、昨年度の処分料金収入は約143億円。

(2010-07-05 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大阪湾広域臨海環境整備センター(大阪湾フェニックスセンター)の関連キーワード長岡京一名道府県都道府県道府県会府県税府県令都道府県知事免許淀川水系4ダム大槻竜治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大阪湾広域臨海環境整備センター(大阪湾フェニックスセンター)の関連情報