大阪狭山(市)(読み)おおさかさやま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大阪狭山(市)
おおさかさやま

大阪府南部の市名。1987年(昭和62)に狭山町が大阪狭山と改称して市制施行。市域の西半は泉北丘陵東斜面、東半は狭山古扇状地の一部にあたる。市のほぼ中央部にある狭山池の東を南海電鉄高野(こうや)線が、西を国道310号が走る。歴史は古く、『古事記』に狭山池築造の記事がみえ、農業の先進地であった。近世は狭山藩北条氏の所領で、池畔に陣屋を構えた。明治以降、近郊農業地として野菜の栽培が盛んであったが、第二次世界大戦中に中小規模の金属・機械工場が進出した。丘陵地には狭山ニュータウンの建設など住宅地化が進み、また帝塚山学院大学(てづかやまがくいんだいがく)、近畿大学医学部がある。面積11.92平方キロメートル、人口5万7792(2015)。[位野木壽一]
『『狭山町史』3巻(1966~1967・狭山町) ▽『大阪狭山市史』(1997~ ・大阪狭山市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android