コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪被害者支援アドボカシーセンター

1件 の用語解説(大阪被害者支援アドボカシーセンターの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大阪被害者支援アドボカシーセンター

95年の阪神大震災時に大阪YWCAメンバーが被災者へのボランティア活動心のケアを行ったのをきっかけに、96年発足。犯罪、事故、災害による被害者や遺族のサポートを行う。毎年、支援活動員の養成講座を実施。賛助会員を募っており、年会費は個人が1口3千円、法人が同1万円。

(2008-11-24 朝日新聞 朝刊 大阪市内 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大阪被害者支援アドボカシーセンターの関連キーワード阪神・淡路大震災大震災自主防災組織レスキューストックヤード阪神大震災の犠牲者と外国人消防団と自主防災組織西山断層震災とマンションKiss-FM KOBE新幹線の地震対策

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone