コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪都と関西州

1件 の用語解説(大阪都と関西州の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大阪都と関西州

大阪都は、東京都をモデルに府を再編して設けようとする自治制度。東京もかつては「東京府」で、今の23区のエリアに東京市があった。しかし、首都の行政を迅速に進める狙いなどから1943年、府と市を廃して都ができた。都は特別区エリアについて固定資産税など市町村税の一部の課税権を持つ。一定割合は区に配分するが、府より権限は強い。大阪府の橋下徹知事が代表を務める地域政党大阪維新の会」が導入を唱えるが、財源配分など詳細は未定。関西州は近畿圏の広域自治体地方分権策の一つだが、省庁の反対も強く、実現のめどは立っていない。

(2010-05-28 朝日新聞 夕刊 大特集S)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大阪都と関西州の関連キーワードソリッドモデルプラモデルモデルカーモデルルームシルバーモデルパーツモデルプロトモデル大阪府と大阪市の再編大阪維新の会の府市再編構想大阪都構想と大阪維新の会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone