コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大雅堂清亮

美術人名辞典の解説

大雅堂清亮

幕末・明治の僧・画家。京都双林寺第三十七世住職。月峰の次男、義亮の弟。定亮の父。字は大盧、通称を行阿弥、別号に王嶺、松泉院と称す。父の画風をつぎ、山水花卉を能くし、詩歌にも秀でた。また、篆刻・茶道に堪能であった。明治2年(1869)寂、63才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

大雅堂清亮の関連キーワード大雅堂定亮田村 宗立

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android