コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大雅堂清亮

1件 の用語解説(大雅堂清亮の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大雅堂清亮

幕末・明治の僧・画家。京都双林寺第三十七世住職。月峰の次男、義亮の弟。定亮の父。字は大盧、通称を行阿弥、別号に王嶺、松泉院と称す。父の画風をつぎ、山水花卉を能くし、詩歌にも秀でた。また、篆刻・茶道に堪能であった。明治2年(1869)寂、63才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大雅堂清亮の関連キーワード千原夕田双林寺義亮羽田月洲羽田子雲山本梅所三十七道品双林寺明治三十七八年戦役阿夜双林寺宮

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone