コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大須(おおす)

1件 の用語解説(大須(おおす)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大須(おおす)

徳川家による名古屋開府(1610年)に伴い、織田信長の父信秀が創建した万松寺、現在の岐阜県羽島市にあった大須観音などが移築され、門前町として栄えた。70年代後半以降、家電・パソコン販売店が進出し、東京・秋葉原、大阪・日本橋と並ぶ3大電気街の一つになった。路地裏には古着などを売る若い世代の店が増え、一時衰退した商店街も復活。大須2、3丁目の1キロ四方ほどの広さに約2千店が軒を連ねる

(2006-02-25 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大須(おおす)の関連キーワード名古屋帯名古屋城藤田流名古屋名古屋扇蓬左文庫十五代(徳川十五代)鈴木禎次徳川斉温徳川慶臧

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone