コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大黒常是(8代) だいこく じょうぜ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大黒常是(8代) だいこく-じょうぜ

?-1814 江戸時代中期-後期の銀貨鋳造師。
7代大黒常是の長男。寛政12年の銀座大改革の際,預かり銀の使い込みで銀改役(あらためやく)を解任され,永蟄居(えいちっきょ)となった。文化11年11月15日死去。名は常房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大黒常是(8代)の関連キーワードブルボン朝葛飾北斎奈破崙ノルウェーホーコン[7世]パジェスファン=デン=ブルークスミスラクロモーニッケ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android