コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大龍宗丈

1件 の用語解説(大龍宗丈の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大龍宗丈

江戸中期の臨済宗の僧。大徳寺三百四十一世。京都生。宗丈は諱、自号は蓑庵。奉勅により入寺、玉林院に南明庵を創る。寛延4年(1751)寂、58才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大龍宗丈の関連キーワード一道宗等真巌宗乗拙叟宗益清閑宗瑾無学宗衍万輝宗旭観宗義諦笠嶺宗伍愚堂宗哲啓叔宗廸

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone