コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天具帖・典具帖 てんぐじょう

大辞林 第三版の解説

てんぐじょう【天具帖・典具帖】

良質の楮こうぞの繊維で作った、薄い和紙。貴重品の包装紙、美術書の隔紙、木版の版下などに用いる。近世、美濃国(岐阜県)郡上ぐじよう郡で盛んに抄造された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

天具帖・典具帖の関連キーワード美濃国貴重品岐阜県版下木版近世

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android