天川 恵三郎(読み)アマカワ ケイザブロウ

20世紀日本人名事典の解説

天川 恵三郎
アマカワ ケイザブロウ

明治〜昭和期のアイヌ指導者



生年
元治1年12月(1864年)

没年
昭和9(1934)年4月5日

出生地
オタルナイ(現・北海道小樽市)

別名
アイヌ民族名=イサラ

学歴〔年〕
量徳学校卒

経歴
明治6年開設されたばかりの小樽・量徳学校にアイヌ出身の4人の生徒の中の1人として入学、第1期生49人の首席で卒業する。13年アイヌは衛生上防火上好ましくないと小樽郡から強制移住させられたのを皮切りに、6年後に浜益郡下川村、33年北海道旧土人保護法の施行により浜益郡実田村に転居させられるなど、北海道開拓の進展と共に居住地を追われた。同年旭川近文のアイヌ居住地が北海道庁長官の命令により大倉財閥に与えられるという事件が起こると、請われてアイヌ移転取り消し運動の先頭に立ち、中央政界やジャーナリズムに働きかけるなどしてその取り消しを勝ち取った。その後、アイヌ居住地をめぐる利権紛争などに巻き込まれ、樺太に逃亡を余儀なくされた。のち浜益郡に戻って農業振興に努め、模範の部落として村民から“天恵部落”と呼ばれた。また若い頃から熊狩りの名人としても知られ、昭和9年札幌放送局に招かれてラジオの全国放送に出演し「アイヌの熊獲り」の講演を行ったが、その晩に札幌までの40キロに渡る雪道を踏破したことが元で急性肺炎に倒れ、同地で客死した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android