コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天役・点役 てんやく

大辞林 第三版の解説

てんやく【天役・点役】

古代末期から中世にかけ、田地を対象として賦課された臨時税の総称。本来朝廷の特別行事・寺社造営などの費用捻出のための便法であったが、室町中期以降、守護大名が領内の百姓に臨時に課す夫役・公事をいうようになった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

天役・点役の関連キーワード古代末期守護大名百姓総称中世田地領内夫役便法公事

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android