コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天才えりちゃん金魚を食べた

デジタル大辞泉プラスの解説

天才えりちゃん金魚を食べた

竹下龍之介による児童文学作品。1991年刊行。同年、『天才えりちゃん金魚を食べた』で福島正実記念SF童話賞受賞。竹下は受賞当時6歳だったことから大きな話題となり、ベストセラーとなった。このほか「天才えりちゃんシリーズ」として3作が刊行された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

天才えりちゃん金魚を食べたの関連キーワードスペースシャトル飛行記録ケビン コスナー今江祥智磯崎新トルクメニスタン道浦母都子ユーゴ紛争[各個指定]芸能部門畑知子エゴロワ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android