天灯鬼・天燈鬼(読み)てんとうき

大辞林 第三版の解説

てんとうき【天灯鬼・天燈鬼】

彫像。1215年、康弁作。奈良興福寺所蔵。竜灯鬼と一対をなし、檜ひのきの寄せ木造りで、左掌上に灯籠をのせる赤鬼の姿の像。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android