天田愚庵(読み)あまだぐあん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天田愚庵(あまだぐあん)
あまだぐあん
(1854―1904)

歌人。磐城(いわき)国(福島県)平(たいら)藩士の家に生まれる。幼名久五郎、のち剃髪(ていはつ)して鉄眼と称す。15歳のとき戊辰(ぼしん)戦争にあい、幕軍について平城に籠城(ろうじょう)。この戦いで行方不明となった父母と妹の所在を求めて諸国を流浪し、その間写真屋をしたり、山岡鉄舟の門に入ったりした。一時、清水次郎長(しみずのじろちょう)の養子になって山本五郎といったが、復姓して1887年(明治20)剃髪、1892年には京都・清水(きよみず)の産寧(さんねい)坂に庵(いおり)を結び愚庵と号した。出家後独学で短歌を『万葉集』から学んだ。正岡子規よりも一歩先んじて万葉調の歌をつくり、また国士風なところがあって時事慷慨(こうがい)の心を詠み、歌の特色としては連作と時事歌が多い。[藤岡武雄]
 吉野川岩切り通しゆく水にかけて危(あやう)き芝橋も見つ
『湯本喜作著『愚庵研究』(1963・日本文芸社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天田愚庵の関連情報