コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天皇機関説事件

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

天皇機関説事件

統治権は法人である国家にあり、天皇は国家の最高機関とする美濃部達吉博士の憲法学説に対し、1935年2月、貴族院本会議で元陸軍中将の議員が「国体を破壊する思想」と攻撃。軍部右翼の圧力もあり、政府は当時主流だった機関説を否定する「国体明徴声明」を2度出した。美濃部は不敬罪で告発され不起訴となったが、公職を追われ著書は発禁になった。

(2017-08-17 朝日新聞 朝刊 神戸・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

天皇機関説事件の関連キーワード蓑田胸喜(みのだむねき)陸軍パンフレット問題国体明徴運動行動主義文学宮沢 俊義一木喜徳郎松田源治宮沢俊義河合事件岡田啓介蓑田胸喜筧克彦統治権

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天皇機関説事件の関連情報