コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天竜[市] てんりゅう

世界大百科事典 第2版の解説

てんりゅう【天竜[市]】

静岡県西部の市。1958年9月,二俣(ふたまた)町と熊,上阿多古,下阿多古,光明,竜川の5村が合体して二俣町となり,同年11月,市制を施行して現名に改称。人口2万4113(1995)。赤石山脈南西縁の山地と天竜川,阿多古川,気田(けた)川などの谷底平野からなり,市域の8割は山林で杉,ヒノキの美林で知られる。信州と遠州を結ぶ要地にあり,江戸時代には船明(ふなぎら)に幕府の榑木(くれき)役所が置かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

天竜[市]の関連キーワード新藤兼人今村昌平岸信介内閣マキノ雅広加藤泰コーマン斎藤寅次郎鈴木清順野村芳太郎増村保造