天衝・点突(読み)てんつき

大辞林 第三版の解説

てんつき【天衝・点突】

かぶとの前立まえだて、または指物の名。鍬形くわがたの形で飾りがなく、直立して先端のとがったもの。
(「点突」とも書く)カヤツリグサ科の一年草。田のあぜや道端などに自生。葉は叢生し線形。高さ約15~60センチメートル。秋、花茎に線形の苞ほうをつけて枝を分かち、狭卵形で褐色の小穂をつける。変異がきわめて多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android