天鈿女命・天宇受売命(読み)あまのうずめのみこと

大辞林 第三版の解説

あまのうずめのみこと【天鈿女命・天宇受売命】

記紀神話の女神。天照大神あまてらすおおみかみが天の岩屋に隠れた時、その前で踊った。また、瓊瓊杵尊ににぎのみことの天孫降臨に従い、天の八衢やちまたにいた猿田彦に道案内をさせた。猿女君さるめのきみの祖。伎芸の守護神とされる。鈿女命。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android