コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太三郎(2) たさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太三郎(2) たさぶろう

1802-1849 江戸時代後期の漂流民。
享和2年生まれ。越中(富山県)の長者丸乗組員。天保(てんぽう)9年仙台沖で遭難。6ヵ月の漂流後,アメリカの捕鯨船に救助されハワイに上陸。その後カムチャツカ,アラスカをへて14年択捉(えとろふ)島に帰着嘉永(かえい)元年次郎吉,金蔵,六兵衛とともに帰郷した。嘉永2年5月9日死去。48歳。多三郎ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

太三郎(2)の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)光の科学史日本の医学史(年表)クールベリスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク尚温王十返舎一九グエン朝

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android