コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太三郎(2) たさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太三郎(2) たさぶろう

1802-1849 江戸時代後期の漂流民。
享和2年生まれ。越中(富山県)の長者丸乗組員。天保(てんぽう)9年仙台沖で遭難。6ヵ月の漂流後,アメリカの捕鯨船に救助されハワイに上陸。その後カムチャツカ,アラスカをへて14年択捉(えとろふ)島に帰着。嘉永(かえい)元年次郎吉,金蔵,六兵衛とともに帰郷した。嘉永2年5月9日死去。48歳。多三郎ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太三郎(2)の関連キーワード光の科学史グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫青木夙夜唐衣橘洲ナッシュ工場法

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone