太地町のイルカ漁

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

太地町のイルカ漁

約400年前、網やモリでクジラを捕らえる「古式捕鯨」が始まったとされる。国際捕鯨委員会(IWC)の決定で1988年に商業捕鯨が禁止された後は、IWC管轄外のゴンドウクジラバンドウイルカなど小型鯨類を対象に、知事の許可に基づいて「太地いさな組合」の12隻23人が追い込み漁を続けている。今期の漁獲枠は2241頭。米アカデミー賞映画「ザ・コーヴ」で漁の映像が使われ、国内公開をめぐって物議を醸した。

(2011-01-21 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太地町のイルカ漁の関連情報