コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太夫鹿の子 たゆうかのこ

大辞林 第三版の解説

たゆうかのこ【太夫鹿の子】

型染めで染め出した鹿の子模様。貞享年間(1684~1688)京都西洞院四条藤屋善右衛門が染め始めたという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

太夫鹿の子の関連キーワード伊藤小太夫(2代)鹿の子模様型染め

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android