コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太室宗宸

美術人名辞典の解説

太室宗宸

江戸後期の臨済宗の僧。大徳寺二十世。京都生。姓は速見、法諱は宗宸、道号は太室、別号を潜龍・曇熙。6才で出家し、大徳寺曇敬宗篤に師事した。古文辞学派儒学詩文を究め、永田観鵞に就いて書を学ぶ。曇敬に継いで真珠庵に住し、また徳禅寺前住位に昇進した。囲碁蹴鞠・茶道・香道を究め、天文にも明らかであった。弘化4年(1847)寂、85才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android