太田 聴雨(読み)オオタ チョウウ

20世紀日本人名事典の解説

太田 聴雨
オオタ チョウウ

大正・昭和期の日本画家



生年
明治29(1896)年1月18日

没年
昭和33(1958)年3月2日

出生地
宮城県仙台市

本名
太田 栄吉

主な受賞名〔年〕
院展日本美術院賞〔昭和5年〕

経歴
明治42年上京、43年から川端玉章門の内藤晴州に日本画を学び、昭和2年前田青邨に師事。安田靫彦、小林古径らの影響も受け歴史画に新領域を開拓した。5年第17回院展に初出品した「浄土変」が美術院賞となり、引き続き院展で入賞、11年日本美術院同人に推された。同年文展出品の「星を見る女性」は文部省買い上げとなった。26年以来東京芸術大学助教授として後進を育てた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

太田 聴雨 (おおた ちょうう)

生年月日:1896年1月18日
大正時代;昭和時代の日本画家。東京芸術大学助教授
1958年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android