太田(読み)おおた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太田(秋田県)
おおた

秋田県中東部、仙北郡(せんぼくぐん)にあった旧町名(太田町(まち))。現在は大仙(だいせん)市太田町で、市の東部を占める。旧太田町は、1969年(昭和44)町制施行。2005年(平成17)大曲市(おおまがりし)と神岡、西仙北、中仙、協和、仙北の5町、および南外村(なんがいむら)と合併して大仙市となった。太田の名は中世からの郷村名による。東部は奥羽山脈の一部の真昼山地(まひるさんち)で、山林のほとんどは国有林である。また一部は真木真昼県立自然公園をなしている。西部は横手盆地で、明治初期からの田沢疎水開拓事業により、約2500ヘクタールの水田が広がる。農家1戸当りの耕地面積2.6ヘクタールは干拓地大潟村に次いでいる。米作主体で、ダイズ、ホップ、葉タバコも産する。国見ささら(獅子舞(ししまい))は県の無形民俗文化財。[宮崎禮次郎]
『『太田町百年誌』(1976・太田町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太田の関連情報