コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田道灌・太田道潅 おおたどうかん

大辞林 第三版の解説

おおたどうかん【太田道灌・太田道潅】

1432~1486) 室町中期の武将・歌人。名は持資もちすけ、のち資長すけなが。道灌は法名。扇谷おうぎがやつ上杉家の重臣。1457年、江戸城を築く。山内上杉家の策謀により、主君に暗殺された。軍法にすぐれ、和漢の学を修め、和歌に秀でた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

太田道灌・太田道潅の関連キーワード江戸城重臣主君和漢法名軍法道灌策謀

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android