コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田道灌・太田道潅 おおたどうかん

1件 の用語解説(太田道灌・太田道潅の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

おおたどうかん【太田道灌・太田道潅】

1432~1486) 室町中期の武将・歌人。名は持資もちすけ、のち資長すけなが。道灌は法名。扇谷おうぎがやつ上杉家の重臣。1457年、江戸城を築く。山内上杉家の策謀により、主君に暗殺された。軍法にすぐれ、和漢の学を修め、和歌に秀でた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

太田道灌・太田道潅の関連キーワード清原良賢勘合貿易太田道灌楠葉西忍太田道灌メフメットビバリーニ[一族]ポライウオロ[兄弟]足利義教安東盛季

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone