コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽光発電の買い取り制度

1件 の用語解説(太陽光発電の買い取り制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

太陽光発電の買い取り制度

太陽光発電設備で作られた電力のうち余剰電力が対象。一般住宅の場合は1キロワット時当たり48円で電力会社が買い取るように義務づけた。住宅以外は24円。期間は買い取り開始から10年間で価格は固定。買い取り価格を従来の約2倍にすることで、設置費回収の期間を短縮し、太陽光発電の普及を図る。電力会社は1年間の買い取り費用を、翌年度の電気料金に上乗せして回収する。

(2009-11-19 朝日新聞 朝刊 福井全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太陽光発電の買い取り制度の関連情報