太鼓落とし・太鼓落し(読み)たいこおとし

大辞林 第三版の解説

たいこおとし【太鼓落とし・太鼓落し】

杣角そまかくの一種。丸太の対向する二面を削はつるか製材した木材。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android