コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奄美海台 あまみかいだい

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕奄美海台(あまみかいだい)


鹿児島県奄美諸島の喜界(きかい)島東方にある海底台地。東西約230km、南北約100km。西部の名瀬(なぜ)海山(水深1130m)から東に古仁屋(こにや)海山・竜郷(たつごう)海山の3つの海山が連なり、3000m以浅の台地が広がる。東端は湯湾(ゆわん)海山などを経て九州-パラオ海嶺に繋(つな)がり、南側には加計呂麻(かけろま)海山列が東西に延びる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

奄美海台の関連キーワードフィリピン海盆

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android