コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奄美海台 あまみかいだい

1件 の用語解説(奄美海台の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕奄美海台(あまみかいだい)


鹿児島県奄美諸島の喜界(きかい)島東方にある海底台地。東西約230km、南北約100km。西部の名瀬(なぜ)海山(水深1130m)から東に古仁屋(こにや)海山・竜郷(たつごう)海山の3つの海山が連なり、3000m以浅の台地が広がる。東端は湯湾(ゆわん)海山などを経て九州-パラオ海嶺に繋(つな)がり、南側には加計呂麻(かけろま)海山列が東西に延びる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奄美海台の関連キーワード奄美群島国定公園奄美群島喜界島薩南諸島奄美諸島黒糖焼酎奄美大島住用喜界[町]名瀬[市]文英吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone