奈河晴助(2代)(読み)ながわ はるすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈河晴助(2代) ながわ-はるすけ

?-? 江戸時代後期の歌舞伎作者。
初代奈河晴助の門人。2代豊(ゆたか)晴助をへて,嘉永(かえい)5年(1852)2代奈河晴助を襲名。作品に「絵本更科譚(えほんさらしなものがたり)」「網模様灯籠菊桐(あみもようとうろのきくきり)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android