奈良・飛鳥の「国道」遺跡(読み)ならあすかのこくどういせき

知恵蔵の解説

奈良・飛鳥の「国道」遺跡

飛鳥時代以降の国道である山田道、下ツ道の両遺跡がそれぞれ、奈良県明日香村と奈良市から2007年に相次いで見つかった。『日本書紀』に中国・隋(ずい)からの使者が608年に通ったと記された山田道跡は幅約18mもあり、渡来系の敷葉工法で地盤が強化されていた。下ツ道跡は壬申の乱(672年)の時にはできていたことが『日本書紀』に記されている。しかし7世紀初めの土器が確認され、飛鳥から北方への幹線道路が早くから造成されていた可能性が出てきたため、論議が始まった。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android