奈良屋茂左衛門(5代)(読み)ならや もざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈良屋茂左衛門(5代) ならや-もざえもん

1695-1725 江戸時代中期の豪商。
元禄(げんろく)8年生まれ。4代奈良屋茂左衛門の長男。遺産13万2000両余を弟勝屋とともにうけつぐ。紀伊国屋文左衛門とはりあうなど,弟ともども吉原などで豪遊をかさね,家運をかたむけた。享保(きょうほう)10年9月3日死去。31歳。江戸出身。姓は神田。名は広璘。号は安知。奈良茂(ならも)とよばれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android