コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良市の事業仕分け

1件 の用語解説(奈良市の事業仕分けの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

奈良市の事業仕分け

市の全1500事業のうち、人件費を除く事業費が500万円以上など一定の条件に沿って、各部課などが60事業(総事業費約49億5千万円)を抽出。仕分け作業は3班に分かれて22日から2日間実施。各班は非営利組織の政策シンクタンク構想日本」仕分け人チームの3人と、公募市民2人、コーディネーター1人の計6人で構成。1事業の仕分け作業は30分間。市担当者の説明後、20分の質疑をし、多数決で、「不要」「民間実施」「国・県が実施」「市実施(民間委託を拡大)」「市実施(要改善)」「市実施(現行通り)」の6区分に判定する。結果は原則として、来年度の予算策定に反映させる方針だが強制力はなく、市長らがあらためて協議、検討する。

(2009-11-23 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良市の事業仕分けの関連キーワードカビ人件費筋漿予定事業費率経費率維持費受託料金八ツ場ダム小学校の警備員配置投票数

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone