コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良県吉野郡下市町 しもいち〈ちょう〉

1件 の用語解説(奈良県吉野郡下市町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕下市〈町〉(しもいち〈ちょう〉)


奈良県中部、吉野川中流南岸の町。吉野郡
願行(がんぎょう)寺の門前町・市場町で、江戸時代には日本初の商業手形が公許された。杉割り箸や神具・仏具など、吉野杉を利用した木工業が主産業。カキ・ウメほかの果樹や花卉(かき)栽培が盛ん。広橋(ひろはし)梅林がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良県吉野郡下市町の関連キーワード妹背山吉野川秋津象の小川象山吉野葛下市大淀[町]下市[町]吉野朝

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone