コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良県吉野郡下市町 しもいち〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕下市〈町〉(しもいち〈ちょう〉)


奈良県中部、吉野川中流南岸の町。吉野郡
願行(がんぎょう)寺の門前町・市場町で、江戸時代には日本初の商業手形が公許された。杉割り箸や神具・仏具など、吉野杉を利用した木工業が主産業。カキ・ウメほかの果樹や花卉(かき)栽培が盛ん。広橋(ひろはし)梅林がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

奈良県吉野郡下市町の関連キーワード奈良県吉野郡下市町阿知賀奈良県吉野郡下市町梨子堂奈良県吉野郡下市町田中奈良県吉野郡下市町立石奈良県吉野郡下市町平原奈良県吉野郡下市町栃原奈良県吉野郡下市町広橋奈良県吉野郡下市町栃本奈良県吉野郡下市町善城奈良県吉野郡下市町長谷奈良県吉野郡下市町よ邑奈良県吉野郡下市町下市奈良県吉野郡下市町西山奈良県吉野郡下市町原谷奈良県吉野郡下市町貝原奈良県吉野郡下市町大峯奈良県吉野郡下市町岩森奈良県吉野郡下市町才谷奈良県吉野郡下市町黒木奈良県吉野郡下市町新住

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android