コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良県吉野郡十津川村 とつかわ〈むら〉

1件 の用語解説(奈良県吉野郡十津川村の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕十津川〈村〉(とつかわ〈むら〉)


奈良県南部、紀伊(きい)山地中部の十津川流域の村。吉野郡
村域の約9割を山林が占め、林業のほかキノコ類やワサビを栽培。風屋(かぜや)・二津野(ふたつの)・旭(あさひ)・瀬戸(せと)の4ダムを造成。南部に十津川温泉が湧く。玉置(たまき)神社は熊野古道(大峯奥駈道)とともに紀伊山地の霊場と参詣道としてユネスコの世界遺産に登録されている。谷瀬(たにぜ)の吊り橋、日本の滝百選に選定された笹の滝がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良県吉野郡十津川村の関連キーワード熊野川十津川紀伊南紀宇陀山地葛下川紀伊大島玉置山十津川郷熊野川[町]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈良県吉野郡十津川村の関連情報