奈良県吉野郡吉野町(読み)よしの〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕吉野〈町〉(よしの〈ちょう〉)


奈良県中部、吉野川中流域の町。吉野郡
南朝ゆかりの吉野山(国指定の史跡かつ名勝)は修験道の霊地で、サクラの名所としても名高い。吉野杉の木材集散地で、製材・木工業が盛ん。手漉和紙を特産。治水用の津風呂(つぶろ)ダムがある。金峯山(きんぷせん)寺(本堂、二王門は国宝に指定)、吉水(よしみず)神社(書院などは国の重要文化財に指定)、吉野水分(よしのみくまり)神社(木造玉依姫命坐像は国宝、本殿などは国の重要文化財に指定)、金峯(きんぷ)神社(国の史跡に指定)があり、吉野山とあわせてユネスコの世界遺産(紀伊山地の霊場と参詣道)に登録されている。⇒吉野〔地域名〕

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android