コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良県吉野郡黒滝村 くろたき〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕黒滝〈村〉(くろたき〈むら〉)


奈良県中部、大峰山系の大天井ヶ岳(おおてんじょうがだけ)北西麓の村。吉野(よしの)郡
吉野杉の産地で、磨き丸太集成材や杉割り箸を生産。養殖したアユ・アメノウオを放流し、渓流釣り客でにぎわう。鳳閣(ほうかく)寺(廟塔は国の重要文化財に指定)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

奈良県吉野郡黒滝村の関連キーワードみよしのオートキャンプ場奈良県吉野郡黒滝村粟飯谷奈良県吉野郡黒滝村御吉野奈良県吉野郡黒滝村赤滝奈良県吉野郡黒滝村脇川奈良県吉野郡黒滝村鳥住奈良県吉野郡黒滝村長瀬奈良県吉野郡黒滝村笠木奈良県吉野郡黒滝村桂原奈良県吉野郡黒滝村中戸奈良県吉野郡黒滝村寺戸奈良県吉野郡黒滝村槙尾奈良県吉野郡黒滝村堂原吉野路 黒滝鳳閣寺

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android