奈良県大和郡山市(読み)やまとこおりやま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕大和郡山〈市〉(やまとこおりやま〈し〉)


奈良県北部の市。
奈良盆地北部に位置する。1585年(天正13)豊臣秀吉の弟・秀長(ひでなが)が郡山城に入って以降、城下町として栄える。1960年代後半、南部に昭和工業団地を造成。機械・食品などの工場が進出し、内陸型工業都市へと発展。紡績工業も盛ん。武士の副業から発展した金魚の養殖が有名で、イチゴのハウス栽培も行われる。郡山城跡慈光院(書院は国の重要文化財、庭園は史跡かつ名勝に指定)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈良県大和郡山市の関連情報