コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良県大和郡山市 やまとこおりやま〈し〉

1件 の用語解説(奈良県大和郡山市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕大和郡山〈市〉(やまとこおりやま〈し〉)


奈良県北部の市。
奈良盆地北部に位置する。1585年(天正13)豊臣秀吉の弟・秀長(ひでなが)が郡山城に入って以降、城下町として栄える。1960年代後半、南部に昭和工業団地を造成。機械・食品などの工場が進出し、内陸型工業都市へと発展。紡績工業も盛ん。武士の副業から発展した金魚の養殖が有名で、イチゴハウス栽培行われる郡山城跡、慈光院(書院は国の重要文化財、庭園は史跡かつ名勝に指定)がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良県大和郡山市の関連キーワード奈良盆地大和川奈良山本庄葛下川葛城川橿原[市]上牧[町]奈良[市]大和高田[市]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈良県大和郡山市の関連情報