奈良県天理市(読み)てんり〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕天理〈市〉(てんり〈し〉)


奈良県北部の市。
奈良盆地の東部に位置する。中心の丹波市(たんばいち)地区は近世、上(かみ)街道の宿場町。1838年(天保9)、中山みきが天理教を開いて以降、宗教都市に発展。農業・サービス業の占める割合が大きく、稲作と野菜・果樹栽培が盛ん。弱電器・寝具などの工場もっ操業。崇神(すじん)天皇陵・景行(けいこう)天皇陵や、石上(いそのかみ)神宮などがある。天理教本部があり、天理大学や図書館、信徒向けの宿泊所などもある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奈良県天理市の関連情報